top>平成30年度 会津漆器技術後継者訓練校 研修生募集要項

平成30年度 会津漆器技術後継者訓練校 研修生募集要項

PDFダウンロードはこちらから→★

研 修 期 間2年 間

本校の目的

伝統的工芸品の会津漆器製造技術者を養成するための学校です。

研修内容

    1年次(1,400時間)
  • 学 科
    漆概論、塗装技術概論、漆の化学、漆の精製法、合成樹脂概論
    製図基礎、 漆工史1、漆工史2、 丸木地概論、板木地概論、CG
    デザイン史、平面構成、立体構成
  • 実 技
    板木地実習、木工基礎実習、漆掻き実習、デッサン、素描
    下地基礎実習、漆基礎実習、下地実習、塗実習
    2年次(1,400時間)
  • 学 科
    会津漆器商品概論、知的財産概論、加飾技術概論
  • 実 技
    道具の作り方・漆の立て方、運筆、漆掻き実習、呂色・金虫喰塗、朱磨、鉄錆塗、卵殻・螺鈿、漆絵
    消金・色粉蒔絵、卒業制作

※科目について一部変更になる可能性があります。

1.応募資格 

  • 伝統的工芸品の会津漆器製造技術者として従事することを希望する者。
  • 高校卒業以上で会津若松市内に住所を有する者。(合格後の転入でも可)
  •       
  • 35歳未満

2.応募方法

入学願書(本人の手書き)に戸籍抄本、健康診断書を添えて会津漆器協同組合まで提出して下さい。
(郵送する場合は書留でお願いします。)

又、本校を志望した動機、及び心構えを原稿用紙2枚(800字)程度にまとめ、手書きにて(ワープロ不可)1月5日(金)までに提出して下さい。

その他ご質問につきましては、下記の問い合わせ先まで

(問い合せ 0242-24-5757 担当 小林)

3.定員

4名程度(今回は塗専攻のみを募集します)

4.応募締切

平成30年1月5日(金)必着
※書類選考による第一次審査を実施致します。
第一次審査合否は1月13日(土)までに通知します。

5.第二次選考日時及び試験会場

会津漆器協同組合3階会議室
平成30年1月19日(金)午前9時30分

6.第二次選考方法

面接、一般教養試験、実技(簡単なスケッチ と折り鶴を2羽作成していただきます。)

7.入校決定について

合否の決定については平成30年1月27日(土) までに直接通知します。
合格決定後の入校の辞退は認められません。

8.入校式日時及び場所

平成30年4月5日(木)午前11時〜
福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター

9.研修場所

福島県ハイテクプラザ会津若松技術支援センター内  漆器工房
〒965-0006 福島県会津若松市一箕町鶴賀字下柳原 88-1

10.研修日及び研修時間

毎週 月〜木曜日 午前8時30分〜午後5時15分

11.その他

研修生は会津漆器協同組合加盟事業所の従業員として訓練校に派遣されます。
勤務条件等は各事業所の規定によります。
その他ご質問につきましては、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

問合せ・申込先

会津漆器協同組合
〒965-0042 会津若松市大町1丁目7番3号
電話 0242-24-5757
FAX 0242-24-5726

E-mail: aizunuri@trust.ocn.ne.jp

http//www.chuokai-fukushima.or.jp/ aizushikkikumiai/

入学願書(pdf)

こちらからダウンロード→★   

about_us-japanese