top会津塗のできるまで>角物(板物)のできるまで

角物(板物)のできるまで

  • 板物のパーツ. 材料は朴(ほお)の木やシナ合板です。良く吟味し充分に乾燥させた後、カンナなど色々な道具を用いてパーツを作り上げます。
  • 重箱の素地を隅木補強. 重箱形に組み立てた後、「角木」(すみぎ)を四隅に張り付けて補強します。
  • カンナかけ .  カンナをかけて角に丸味を持たせます。
  • 重箱素地の完成. 蓋や身の裏に桟(さん)をつけると、三段重の素地が出来上がりです。
  • 木固め . 木固(きがため)
  • 下地. 下地(したじ)。丈夫な漆器を作るための大事な工程です。 
  • 錆付けと研ぎ .  錆付(さびつけ)をして石のように固くなった木地を、細心の 注意を払いながら研ぎ上げます。 
  • 中塗と研ぎ. 中塗(なかぬり)の後、研(と)ぎ上(あ)げます。
  • 上塗り. 上塗(うわぬり)
  • 完成品の重箱10. やわらかな塗肌の重箱ができあがりました。

惣輪師(そうわし)から

   

惣輪師使う人の気持ちを考えながら素地を創る、それが大事なんだよ。ひとつ(の素地を)創るのに何種類ものカンナが要るんだ。