top>会津塗のできるまで

全体の工程

会津塗は木地(素地)、塗、加飾(蒔絵や沈金など)の工程を

それぞれ専門の職人が分業で作っています。

特に、塗師が丸物(お椀など)と板物(重箱など)

それぞれの専門に分かれているのが特色です。

より特化したプロフェッショナルが、高い品質と能率的な生産を実現しています。

ここをクリックをクリックすると詳しい解説がご覧になれます。

原木
下へ
製材
下へ
ここをクリック
丸物木地
ロクロを使う
木地師(きじし)
の仕事
創る ここをクリック
板物木地
カンナを駆使する
惣輪師(そうわし)
の仕事
下へ 下へ
下地 ここから
ここをクリック
丸物塗師
(まるもの
ぬりし)
の仕事

ここまで
塗る ここから
ここをクリック
板物塗師
(いたもの
ぬりし)
の仕事

ここまで
下地
下へ 下へ
下地砥 下地砥
下へ 下へ
下塗 下塗
下へ 下へ
下塗砥 下塗砥
下へ 下へ
中塗 中塗
下へ 下へ
中塗砥 中塗砥
下へ 下へ
上塗 上塗
蒔絵工程へ 蒔絵工程へ
ここをクリック加飾: 蒔絵師や沈金師の仕事
描く
about_us-japanese