top会津塗のできるまで>丸物のできるまで

丸物のできるまで

  • 荒取り木地 1.材料は栃(とち)や欅(けやき)などです。狂いにくくするため、大まかな形に削り充分に乾燥させます。
  • ろくろ工程.良く乾燥させた木地を、ろくろを使って削り上げます。
  • 木固め.木固(きがため)。生漆(きうるし)を塗って目止めをします。
  • 下地4.下地。木地に錆付(さびつけ)をします。錆は、漆と砥の粉(とのこ)を混ぜたものです。
  • 下塗り.下地を研いだ後、下塗として漆を塗ります。
  • 研ぎ. 漆の密着を良くし、凹凸をなくすために研ぎ上げます。
  • 中塗り7.中塗(なかぬり)として漆を塗ります。  
  • 研ぎ8.傷が無いかの最終チェックを しながら丁寧に研ぎ上げます。
  • 上塗り.ホコリや塗ムラのでないように気をつけながら、上塗(うわぬり)をします。塗り終えると、乾燥風呂(かんそうぶろ)に入れて、均一に乾燥するために、時々上下を反転します。
  • 完成した椀 10.漆の艶をそのまま生かした花塗(はなぬり)のお椀が出来上がりました。

丸物塗師(まるものぬりし)から

  • 丸物塗師塗にはホコリが一番の大敵。ホコリが出ないように、とても気を使うね。家族でも塗部屋には入れないよ。