中小企業組合検定試験の概要


受験資格
 受験資格は特にありません。(中小企業組合士として認定されるには組合等での一定の実務経験が必要です。)
 
試験期日
 12月の第1日曜日
 
願書受付期間
 9月〜10月中旬
 
受験料
 5,000円(一部科目免除者は3,000円)
 
試験科目及び科目の免除
 検定試験科目は、「組合制度」「組合運営」「組合会計」の3科目となっていますが、一部の科目について合格点を得た場合には、その後に行われる試験においては申請により3年間はその科目の受験が免除されます。
 
試験地
 札幌・青森・秋田・仙台・郡山・さいたま・東京・長野・静岡・名古屋・大阪・岡山・広島・松江・山口・高松・福岡・長崎・大分・鹿児島・那覇の21都市
 
試験時間
 (1)組合会計 10:00〜12:00(2時間)
 (2)組合制度 13:00〜14:20(1時間20分)
 (3)組合運営 14:40〜16:00(1時間20分)
 
試験の方法
 試験は、筆記試験とします。なお、「組合会計」に限って計算問題が出題されることがありますので、「そろばん」又は「卓上計算機」(電気コードを使用するもの及び音の出るものは不可)の持ち込みが許されます。