青年部の組織と運営

〜組合青年部の意義〜

 組合青年部は、本体である親組合の内部機構となっているものは極めて少なく、むしろ組合とは別に組合に関係する青年達の同士的連帯を基盤に組合青年部として独自の会則を設けて、独自の事業予算を持っているものがほとんどであります。
 また、組合青年部の会員は、おおむね45歳以下の
 1)中小企業青年経営者
 2)中小企業経営者の後継者と予想される者
 3)中小企業に働く従業員で管理職の地位にある者
 等によって構成されています。
 この組合青年部は、主として研修、自己啓発的な活動、情報交換的な活動、会員相互の親睦を行いつつ、会員の人格形成に努める事業が中心となっており、次代をになう中小企業経営者および業界の指導的役割をはたす人材養成に多大な貢献をしています。
 さらに、親組合の事業のうち青年らしい感覚と過去にとらわれない斬新な発想を必要とする事業の企画、立案、調査研究、行事、展示会等の分野を委されて実施し、成果をあげているものが多く見られます。従って親組合としても組合青年部の活動に期待するところが大きくなっております。
 組合青年部としても、このような親組合への事業協力を通して、将来の組合・業界指導者として必要な知識の体得に役立っているということができます。


★青年部についてのご相談は★ 福島県中小企業団体中央会 企画情報課 まで。
TEL 024−536−1268
FAX 024−536−1217


ホーム お知らせ 概要 会員名簿 役員名簿 規約 加入のお勧め 加入申込書様式 リンク
設立から昭和58年 昭和59年から昭和63年 平成元年から平成5年 平成6年から平成10年
青年部の意義 青年部のあり方 青年部の組織 青年部の管理 青年部の事業 青年部の財務 青年部規約例
福中青連OB会会則 福中青連OB会会員名簿 OB会加入申込書