1969年 1月  郡山商工会議所商業振興委員会で団地建設を決議
      2月  郡山問屋センター造成準備委員会発足
      4月  郡山問屋センター造成協議会設立総会(後に南東北総合卸センターに改称)
      5月  基本構想まとめ(卸センター用地面積約10万坪・100社)
      6月  加入業者募集作業 業種毎に説明会募集 加入資格を県内一円とする
          (〜69年10月)
      6月  自己資金の積立開始 申込み1坪当り月300円宛手形徴収
1970年 8月  用地買収開始(市開発公社で買収)
1971年 6月  南東北総合卸センター協同組合設立総会
     10月  県の計画予備診断(95社)
1972年 9月  開発許可
     12月  南東北総合卸センター協同組合設立認可
1973年 3月  計画診断(県中小企業振興事業団)
      6月  建設計画予備診断(〜73年7月)
     11月  建設診断(県・事業団)
     11月  造成事業起工式
1974年10月  組合会館、展示場、地鎮祭
1975年 3月  個別企業社屋建築完成(49年度39社)
1976年 3月  個別企業社屋建築完成(50年度57社)
      8月  郡山卸町郵便局開局
     10月  南東北総合卸センター総合落成式
1977年11月  運営診断(中小企業振興事業団)
1978年 4月  青年経営研究会発足
1979年 2月  郡山市と団地内道路管理維持に関する協定書を締結
1981年 4月  活路開拓調査指導事業実施(〜82年5月)
      6月  団地内町名地番変更
     10月  組合創立10周年記念式典
1982年11月  土地売買予約並びに土地使用契約書を組合員と締結
1984年 4月  卸センター防災協会、卸センター交通安全協会設立
     12月  再売買予約付土地売買契約を締結(組合員に土地譲渡)
1985年 6月  労働福祉協議会設置
1986年 4月  組合情報化促進企画調査事業実施(〜87年3月)
1987年 6月  VAN事業推進委員会設置
1988年 8月  (株)南東北ネットワークサービス設立
1989年 4月  南東北総合卸センター21未来流通高度化推進委員会設置
      9月  センサーショップ卸町店改装リニューアルオープン
1990年12月  組合・組合員共高度化資金完済
     12月  全員協議会にて団地東側用地開発を決議
1991年10月  組合創立20周年記念式典
1992年 4月  地域中小卸売業活性化推進事業の実施(〜93年3月)
1993年 8月  卸町神社竣工
     10月  第1回卸町ふれあいフェスティバル開催
1994年 7月  団地活性化推進委員会を設置
1995年 4月  第1種中小企業人材確保推進事業を実施(〜98年3月)
      5月  支店長・所長連絡会を発足
1996年 4月  中小企業賃金制度支援事業を実施(〜98年3月)
      5月  定款の一部変更(組合加入資格の見直し)
1997年 2月  流通業務市街地の整備に関する法律による団地東側開発の承認
1998年 4月  第2種中小企業人材確保推進事業を実施(〜00年3月)
2000年 3月  組合ホームページを開設
      9月  団地東側用地土地造成完了、土地分譲を開始
2001年 2月  IT化に対応した総合的職業能力開発を開始
      3月  第1回卸団地びっくり市開催
     10月  組合創立30周年記念式典
2002年 7月  卸センター町内会発足
2003年 6月  中小企業活路開拓・実現化事業を実施(〜04年3月)
2006年11月  人材高度化研究事業を実施(〜07年3月)
2007年 5月  定款の一部変更(中小企業等協同組合法等の一部改正による)
2009年 2月  部会の再編成
2010年 3月  リテールサポート研修(初級)を実施
      4月  卸商業団地機能向上支援事業を実施(〜11年3月)
2010年10月  卸町公共下水道接続推進委員会を設置
2011年 3月  東日本大震災(東北地方太平洋沖地震発生)
2011年10月  組合創立40周年記念式典・祝賀会
2011年11月  中小企業等グループ施設等復旧整備事業(〜12年10月)
2015年10月  地域経済活性化事業(卸町ふれあいフェスティバル、卸団地びっくり市)
2016年 3月  防犯カメラ設置、街路灯更新(LED化)
          「商店街まちづくり事業補助金」「商工街並み整備事業補助金」を活用