南東北総合卸センターは、東北自動車道郡山ICの北西500mにあり、東京から青森と縦貫する東北自動車道、太平洋岸いわき市と日本海の新潟市を繋ぐ磐越自動車道の交差点直下の郡山市に位置します。
また、1993年に開港した福島空港からも約30㎞と至近で、観光から物産まで、まさに南東北の一大ターミナル拠点です。
郡山市は福島県の商都といわれ、商圏人口が100万人を超える一大消費地域です。東北でも指折りの主要都市郡山に位置する当センターは、地元郡山市場を基盤にしながら周辺市場をも戦略化できるという有利なビジネス環境にあります。

名称 南東北総合卸センター協同組合
代表者 理事長 齊藤 久之丞
設立 昭和46年6月22日
総面積 429,000m² (約13万坪)
加入者総数 88社
業種別構成 食料品15社 衣料品4社 生活用品5社
農業関連7社 自動車関連5社 情報通信・事務機8社
建設資材・設備21社
電気関連6社 環境・衛生8社 特殊専門品等8社
出資金 5億2,250万円
総事業費 110億円