活動記録

根津美術館学芸員  永田智世先生による講演会

「漆工芸のデザインを時代から読み解く ー蒔絵作品を中心にー」

日時:2020年3月11日(日)18:30~20:00 
会場:稽古堂3F 研修室5,6


会場ではマスクを配布し、間隔を開けて座るなど対策を徹底しました。


永田先生もマスクでも声が通るよう配慮しながらのご講演でした。


根津美術館学芸員の永田智世先生にによる講演会を開催致しました。

漆工品のデザインは作り手のアイディアからのみ生まれるのではなく、注文主の好みやその背景にある時代思潮とも深く関わっていること。

また、材料や技術の進歩で、例えば同じ沃懸地でもテクスチュアが変り、作品の味わいの違いとなっていることなど、深く考えさせられる内容でした。

貴重なスライドも沢山拝見でき、参加者からは、もっと長くお話を聞きたいという感想が多く出ました。

参加者 23名

永田先生のプロフィールはこちらから→