福島県工組ブログ

令和4年度 総代会

 令和4年5月30日(月) ウエディングエルティにおいて開催しました。
 浅川誠吾理事長の挨拶のあと、新田一則副理事長を議長に指名、提出された議案の審議が行われ、すべての議案が承認されました。
 総代会終了後、今年開催される「第3回電気工事技能競技東北大会」および「第4回電気工事技能競技全国大会」に選手として出場される、福島支部所属 ㈲鹿山電気商会 鹿山真史氏の激励会が行われました。浅川誠吾理事長・吉田誠青年部会長の激励の言葉に続き、鹿山氏からの力強い決意表明があり、浅川理事長から福島支部広沢成夫理事長に激励金が贈られました。福島支部作田謙太郎副理事長から会場の皆さまへ応援のお願いにより、たくさんのお志を賜りました。最後は青年部の坪井順一常任理事の掛け声で会場全員から「頑張ろう!頑張ろう!頑張ろう!」のエールが贈られました。

青年部 令和4年度通常総会

 令和4年5月20日(金)ハイブリット形式で開催、28名が出席し、すべての議案が承認されました。吉田誠会長からは、今年開催される「電気工事技能競技大会」東北大会および全国大会に出場する選手のサポートや運営、また、来年福島市で開催の「第35回電気工事業全国大会」に向けた準備など、これまで以上に青年部一丸となって取り組むことを呼びかけました。

業界理解促進研修会 学生交流セミナー(県立平工業高校)

 令和4年4月20日(水)  福島県工組青年部は県立平工業高校において学生交流セミナーを実施しました。(新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、令和4年1月20日開催予定からの延期)新2年生の生徒たちは、10名ずつの班に分かれ、ケーブル皮むき端子上げ・BSアンテナ調整・高所作業車試乗・露出配管通線の各作業に挑戦。みんな真剣に取り組んでいました。青年部員の手際よい見本では簡単そうに見えますが、実際やってみるとそう上手くはいかないことがよく分かったのではないでしょうか。研修会の最後は、電気工事業界の生の声を聴くことができるグループディスカッション。今後の進路の参考にしていただき、是非とも私たちの仲間になってくれることを希望しています。

初心者研修会

 令和4年4月8日(金) 青年部主催により、所属組合員企業の初心者を対象に、下記の目標を掲げ実施しました。
【研修の目標】
①社会人としての資質の向上及び電気工事業に携わる者としての意識の高揚を図る
②社会人として必要な心構えや礼儀、現場でのルール・マナーなどを身につけ、現場に入ることに先立ち、人材育成と組合員企業内での定着促進を図る
③電気工事業界の実態や今後の動向への認識を深め、電気工事技術者としての果たす役割・やりがいなどの認識を高める
講師は当組合青年部、白河支部所属 東陽電気工事㈱ 代表取締役社長 石川格子氏。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オンライン開催で、34名が受講しました。

業界理解促進研修会 学生交流セミナー(県立会津工業高校)

 令和3年12月21日(火) 福島県工組青年部は県立会津工業高校において学生交流セミナーを実施しました。生徒たちは高所作業車試乗・電線の切断圧着・PF管結束・通線等の体験により電気工事が身近に感じられたようです。また、グループディスカッションでは業界に関する疑問や社会人としての心構えなど積極的な質問に対する青年部員の様々なアドバイスに、生徒たちは少なからず不安を解消できたのではないでしょうか。

講演会

 令和3年12月10日(金) ウエディングエルティにおいて講演会を開催しました。
 講師には福島テレビ アナウンサーの浜中順子氏をお招きし「福島を歩いて!恋して!浜ちゃんぽ流コミュニケーション術」をテーマにご講演いただきました。
 テレビで拝見する明るさそのままに元気に登場。アナウンサーにあこがれ福島テレビに入社するまでのこと、毎週土曜日に放送の「サタふく」での裏話、コロナ禍での苦労など、さらに朗読・・と盛りだくさんのお話しでした。
 浜中さん、ご講演いただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。

業界理解促進研修会 学生交流セミナー(県立福島工業高校)

 令和3年11月25日(木) 福島県工組青年部は県立福島工業高校において学生交流セミナーを実施しました。生徒へのアンケートによると、研修会参加によって電気工事の仕事内容への理解が深まったと同時にグループディスカッションを通して学校で聞けないことや業界に対する疑問に直接答えてもらうことで電気工事業界を身近に感じることができたようです。

業界理解促進研修会 学生交流セミナー(県立白河実業高校)

 令和3年11月24日(水) 福島県工組青年部は県立白河実業高校において学生交流セミナーを実施しました。実際の現場で働く新人電気工事士やベテラン電気工事士のインタビューを動画で紹介し、現場の声を先生や生徒たちに伝えることができました。テーブルディスカッションは事前に聞いていた生徒からの質問に青年部員が答える形式とし、生徒全員の質問すべてに答えることができました。

第34回電気工事業全国大会

 令和3年11月11日(木) 全日本電気工事業工業組合連合会第34回電気工事業全国大会が滋賀県大津市のびわ湖大津プリンスホテルで開催されました。今大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から参加人数が500名に限定され、会場に来られなかった組合員向けにYouTubeによりライブ配信されました。大会式典の最後、令和5年に福島県で開催される第35回電気工事業全国大会の開催地あいさつでは、当組合浅川理事長はじめ役員・青年部がPR動画を紹介し、参加を呼びかけました。

業界理解促進研修会 学生交流セミナー(県立郡山北工業高校)

 令和3年10月28日(木) 福島県工組青年部は県立郡山北工業高校において学生交流セミナーを実施しました。卒業後就職する生徒の割合が多く、電気工事会社を希望する生徒が増えているようです。多くの若い人材が入職することにより業界が盛り上がることを願い、今後も活動を続けていきます。

業界理解促進研修会 学生交流セミナー(県立小高産業技術高校)

 令和3年10月6日(水) 福島県工組青年部は県立小高産業技術高校において学生交流セミナーを実施しました。今年度はパネル実演を重点的に行い、結果として生徒たちの電気工事への理解が深まり有意義な研修となりました。また、グループディスカッションでは業界についての生の声を聴いてもらうことで、電気工事を身近に感じ、今後の進路の参考になればうれしく思います。

2021/08/10
青年部 業務管理改善研修会

 7月28日(金) ㈱鈴弥洋行様を講師に招いて開催し、対面・オンライン合わせて40名が参加しました。従来の業務管理を新たなクラウドアプリを活用することで、組合員事業所においての情報の共有化と効率化を目指すことを目的としています。これまで解決できなかった業務管理の多くの課題に向き合い、それぞれの状況に合わせたシステムの構築を学びました。

2021/06/14
令和3年度総代会

 5月26日(水) ウェディングエルティにおいて開催しました。
 浅川誠吾理事長の挨拶のあと、広沢成夫副理事長を議長に指名、提出された議案の審議が行われ、すべての議案が承認されました。
 また、役員改選により浅川理事長および各副理事長が再任され、各理事・監事も選任されました。

2021/06/14
青年部 令和3年度通常総会

 5月21日(金) ハイブリッド形式「対面(福島県工組会議室)とオンラインの融合」で開催しました。提出された議案はすべて承認され、役員改選により吉田誠会長が再任となりました。
 厳しい状況の中ではありますが、工夫しながら積極的に活動していくことを確認しました。

2021/06/14
木幡浩福島市長表敬訪問

 3月23日(火) 全日本電気工事業工業組合連合会「第35回電気工事業全国大会」が令和5年10月19日(木)福島市での開催が決定したことを木幡浩市長に報告するため、浅川誠吾理事長・広沢成夫副理事長・作田謙太郎理事・事務局が福島市役所を訪問しました。
 浅川理事長は「全国の組合員代表者約2,000人が一堂に会する、またとない大イベントを盛り上げたい」と抱負を述べ、市長からは「福島市をPRするための絶好の機会です。全面的に支援します」との心強い言葉を頂戴しました。
 この大会が開催するころには、コロナ禍が終息していることを願って、福島県工組では実務委員会を立ち上げ、準備を進めてまいります。

2021/02/04
学生交流セミナー(県立平工業高校)

 1月21日(木) 福島県工組青年部は県立平工業高校において学生交流セミナーを実施しました。電気科一年生32名の生徒および担当の先生方に、現在の電気工事業界の実情や実践的な作業を知っていただくことにより、業界の理解促進とPRになりました。作業体験実習(ケーブル皮むき端子上げ・天井裏を見てみよう・高所作業車試乗体験・露出配管通線)は生徒たちにとって新年度からの本格的な実習に入る前の貴重な経験となったようです。またグループディスカッションでは活発な意見交換がされ、若者の率直な考えを数多く聞くことできたことは、今後の各事業所での人材育成の一助になったのではないでしょうか。

2020/12/23
役員講演会

 12月11日(金) 福島県工組はウェディングエルティにおいて役員講演会を開催しました。講師には福島市出身で俳優・タレントのなすびさんをお招きし「ふるさと福島への想いと願い〜なすびなりの応援の形〜」をテーマにご講演いただきました。
 日本テレビバラエティー番組「電波少年的懸賞生活」や故郷復興を祈念した「エベレスト登山挑戦」、東北復興を願う「潮風トレイル」など、興味深いお話の数々でした。
 なすびさんは今後もふるさと福島の応援活動を続けていくと力強く語られました。
 講演終了後は役員全員と記念撮影。(サインもいただきました!)
 なすびさんにはこのような状況の中ご講演いただいたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

2020/12/14
電気工事業コンプライアンス研修会(相双支部)

 12月3日(木) 相双支部では、コンプライアンス研修会並びに電気工事関連法制経緯研修会を万葉ふれあいセンターにて開催、高山克男講師、高山敏一講師のもと40名が受講しました。本研修会は、組合に所属する組合員企業全体がコンプライアンス上、クリーンであることを醸成し、内外に対し安心して仕事を任せていただける・働ける業界をPRできるようになることを目的としています。

2020/12/14
学生交流セミナー(県立郡山北工業高校)

 11月12日(木) 福島県工組青年部は県立郡山北工業高校において学生交流セミナーを実施しました。電気科38名の生徒さんが日頃の授業ではできない作業体験(電線圧着・電線切断・電線管曲げ・ケーブル通線・高所作業車試乗体験)に挑戦。簡単そうに見える作業も体験してみるととても難しいということを実感したようです。また、グループディスカッションは「社会人になること」をテーマに活発な意見交換がされ、卒業後の進路を考えるよいきっかけになったなどのうれしい声も聞くことができました。

2020/11/9
国土交通省青年優秀施工者顕彰受賞

 10月29日(木) 令和2年度青年優秀施工者顕彰(建設ジュニアマスター)を受賞した福島支部の曵地道弘さん(泣Tン電工)に浅川誠吾理事長より顕彰状が授与されました。
 優秀な技能・技術を持ち、今後更なる活躍が期待される青年技能者に贈られるものです。
 曵地道弘さん、ご受賞大変おめでとうございます。
※新型コロナウイルス感染拡大リスクを考慮し、東京での顕彰式は中止となりました。

2020/11/9
点検技術員認定講習会(相双支部)

 10月27日(火) 万葉ふれあいセンターで福島支部の曵地裕二講師・菅野利英講師を招いて開催され、15名の点検技術員が認定されました。

2020/10/29
点検技術員認定講習会(郡山支部)

 10月15日(木) 県南電気工事協同組合で会津支部の伊関聡講師・渡部敏幸講師により開催され、21名の点検技術員が認定されました。

2020/10/29
学生交流セミナー(県立小高産業技術高校)

 10月14日(水) 福島県工組青年部は県立小高産業技術高校において学生交流セミナーを実施しました。今回はコロナウイルス感染症拡大防止に伴い、相双支部単独の開催となりました。生徒の皆さんは電気設備工事パネル実演、電線切断圧着、高所作業車試乗等を体験し、電気工事に対する理解を深めることができたようです。

2020/10/19
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のための「業界別ガイドライン」

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策は「業界別ガイドライン」をご覧ください
 ↓
http://kendenkyo.or.jp/wordpress_test/wp-content/
uploads/2020/07/kendenkyo_guidelines.pdf


事務職の方はこちら
 ↓
https://www.keidanren.or.jp/policy/2020/040_guideline1.pdf

新しい生活様式
 ↓
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000641743.pdf

2020/10/19
点検技術員認定講習会(会津支部)

 10月7日(水) 全会津電気工事協同組合で郡山支部の日下文男講師・力丸廣治講師により開催され、13名の点検技術員が認定されました。

2020/10/19
東北七県電気工事組合連合会青年部移動理事会

 9月25日(金) 福島県工組において開催されました。東北七県青年部齊藤卓也会長(新潟県)はじめ各県青年部会長が集結し活発な意見が交わされました。

2020/10/19
点検技術員認定講習会(福島支部)

 9月24日(木) パルセいいざかで相双支部の高山克男講師・横山政治講師により開催され、45名の点検技術員が認定されました。

2020/10/19
フルハーネス型墜落制止用器具特別講習会(福島支部)

 福島支部において9月8日(火)・9月17日(木)サンライフ福島で開催しました。講師に相双支部の高山克男氏を迎え、計48名が受講しました。

2020/10/19
福島県工組ブログを開設しました